新着情報

2017.3.9
本社/ケアセンターピースいなぎが移転しました。

2016.11.15  

ピースガーデン小金井内覧会実施します。 詳しくは、こちら。  
 (11.25/土~11.26/日 10:00~16:30)

2016.2.29

ピースガーデン小金井内覧会実施します。
詳しくは、こちら。
(3.11/金~3.13/日、10:00~16:30)

2015.10.29

ホームページをリニューアル致しました。


新着一覧はこちら

スタッフ紹介
採用情報
ITサービス アプリ
ITサービス

ランシステム

背景

厚生労働省の在宅医療・介護推進プロジェクトチームによれば、「国民の60%以上が自宅での療養を望んでいる」という調査結果が出ています。
しかしその一方、ケアマネジャーの50%近くが「医師との連携が難しい」と感じている調査結果も出ています。現状は医療と介護の連携がまだまだ十分とは言えず、中でも在宅医療の現場においては薬剤師が十分に活用されていませんでした。実際、看護師などが居宅患者の薬剤管理を担っている場面も少なくありません。
調剤薬局における在宅医療の業務は必要書類が多く、そのため業務時間外の作業をどうしても増やさざるを得ませんでした。また、「訪問薬剤業務を進めるにあたりどのように業務をすればいのか?」「何を記載すればいいのか?」など訪問薬剤業務に踏み込めない薬局が多々あるとも耳にしました。
そこで訪問薬剤業務への足掛かりとなる、誰でも簡単に在宅医療が始められるナビゲーションを兼ねたシステムを作りたいと思い、iPad専用アプリ【ランシステム】の開発に協力させていただきました。

使用のメリット

本システムは既に在宅業務を行っている薬剤師・訪問医・薬科大学の先生などにご意見を伺い、実践的なシステムとなることを意識しました。薬剤師の訪問業務における必要書類の作成時間を大幅に短縮できると自負しています。

訪問直後に書類が完成し、その場で薬剤師⇔薬局間・提携機関への情報共有が可能になります。夜間・休日の緊急時にも情報がインターネット上にあるため、即座に患者様情報を確認することができます。今までは紙カルテを用意し、メモをして持ち帰り、記入し直し、薬歴に記入するといった作業が、【ランシステム】を使用すればiPad一台で済むようになります。

【ランシステム】はアプリ形式での使用となるので電波のつながらない場所でも作動が可能です。

ランシステムに込めた期待

・在宅医療に興味があるがやり方が分からない。
・そもそも在宅医療がどういったものなのか分からない。
・他業種連携をスムーズにしたい。
・患者様情報を薬剤師間で共有したい。
……こういった理由で在宅医療に踏み出せない薬剤師の先生方にはぜひ使っていただきたいと思います。

また、全国の第一線で業務をしている在宅訪問薬剤師の先生方にご意見をいただきつつ、今後はランシステムの利用に合わせ、在宅業務や介護保険制度、介護分野の知識共有などの勉強会も行っていく予定です。

余談ではありますが、本アプリの月々利用料の一部は、東北大震災の被災地「女川町」に継続的に寄付することとなっています。

本アプリの入手方法ならびに月額利用料

サーバーを使用しなければ※¹アップルストア (APP Apple Store) より「在宅医療」または「run system」「薬局」から無料でインストール※²できます。
※¹必要書類・プリントアウトのみとなります
※²iPadからのみダウンロード可能です

情報提供・患者管理などのサーバーを使用するのであれば月額利用料は2ユーザーごとに15,000円※³※⁴※⁵となります。
※³契約はiPadの台数ではなく2ユーザーで1セットとなります
※⁴iPad使用料は別途自己負担となります
※⁵医療辞書入り、手書きツールは別途自己負担となります